失敗しないための看護師転職とは

思い通りに進めない看護師としてのキャリア

女性 30代

救急・循環器内科・心臓外科・総合診療科の混合病棟1年半、HCU1年、救命救急1年半、SCU2年、脳神経外科・神経内科2年

新人の頃は、認定看護師等になることが目標でした。
大学病院・一般病院で働きましたが、結婚を機に企業で働くようになりました。
思い通りにキャリアを積めたとは思えず悩んでいましたが、今はある程度諦められるようになった気がします。

職場環境がよくなかった

業務が多く勤務時間内に仕事が終わらず、情報収集や記録の時間などはサービス残業になってしまう日々でした。
患者さんに、たくさんケアしたり話を聞いてあげたいと思っても、自分の帰りの時間を考慮すると難しかったです。
昼間は7対1の看護体制でも、夜勤になると一人12~20人位患者さんを受け持つことになります。
患者さんをきちんと観察できているか不安になりました。
看護師として、将来管理職になるのかヒラで過ごすのか、認定看護師になるのかなどの選択肢はありますが、ステップが少ないのが現状です。
給料が年数などにより増加するだけで、自分の能力を評価して上がる制度がないです。
人事考課制度などは名ばかりでした。
看護師の上司には感情的な人が多く、頭が良いとは思えない人が多いため、目標になりませんでした。
自分の体調不良や親族のお葬式のときなどが理由でも自由に休みが取れませんでした。
たとえ休みを取れたとしても職場の人達から嫌な雰囲気を受けます。

一生懸命向き合いました

自分のキャリアビジョンを考え、自分のためになるのであればこの仕事を続けるか考えました。
病院でずっと働くのか、ほかの働き方もあるのか探っていました。
知識・経験を積めばこの悩みは解消されるかと思い、セミナーなどに通い勉強しました。

今までに転職2回しました

転職しても基本的には何も変わらず、自分がどう決断するかだけだと感じました。
多くの選択肢を考えました。
病院で現場でずっと働き続けるか、管理職になるか、認定・専門看護師を目指し専門性を高めるか、慢性期や介護施設等でターミナルケアを目指すか、ケア以外で知識を活かせる企業等で働くか、結婚してるから仕事中心でなくて良いと区切りとつけるか、仕事を辞めるかだと思いました。

精神と頭を鍛える

自己犠牲の精神、コツコツ続ける忍耐力、日々勉強して最新の知識を身につけることが大事だと思います。
また人を好きだという感情、人のためになることに喜びを感じられることも重要ではないかと思います。
ある程度の犠牲が報われるだけの報酬も必要だと思います。

よ~く知っておきたい看護師のお仕事

転職するまえに読む看護師バイブル

看護師の経験談