失敗しないための看護師転職とは

心を鬼に!子供がいても働き続けるママ看護師

女性 30代

内科5年

出産後、将来のために手に職を漬けたいと思い、ホームヘルパーの資格を取得しました。
その後は介護施設で働いていましたが、看護に興味を持ち、進学しました。
介護施設で働きながら看護学校に通い、看護師になりました。
現在は、内科病棟で働いています。
家族は夫と子供の3人です。

3交代制の勤務

日勤は8:30~17:15、準夜勤は16:30~1:15、深夜勤は0:30~9:15の勤務時間

忙しいママ看護師の一日

日勤の場合
5:30起床、朝食や夫の弁当の支度
6:30夫と子供を起こす
7:00朝食
7:30保育園の準備
7:45自宅を出て、保育園から職場へ向かう
8:05病棟に行き、患者さんの情報を見る
8:15仕事開始
17:30過ぎ退勤。保育園に迎えに行く
18:00帰宅、夕飯の支度をする
19:00家族で夕飯
20:00入浴
21:00子供を寝かしつける

夜勤の場合は、夫に頼むか実家の家族に頼むかしていました。
準夜勤や深夜勤の一緒になるパートナーによっては出勤時間や退勤時間が変動するので、その都度対応しなければいけません。

子供に泣かれて困りました

夜勤のとき、静かに家を出ようとしたら子供が起きてきて「いい子にするからお仕事行かないで」と泣かれたことが辛かったです。

凛とした態度で子供に対応を

やさしくすると尾を引くと思ったので、バシっと「仕事だから仕方ない。帰ってきたらたくさん遊ぼうね」と強く言い切りました。
後ろ髪引かれる思いでしたが、凛とした態度で家を出ました。
甘やかすといつまでもグズグズして寝付けないようです。
かわいそうかもしれませんが、子供でも白黒ハッキリする方があきらめがつきやすいようです。
その後は十分甘えさせるなどフォローしています。

私の協力者

夫、実家の家族が子育てしている私を支えてくれています。

ママ看護師を目指すなら

夜勤は、子供にとって精神的に不安要素の大きいことだと思います。
可哀想と思うのは親として当然ですが、強い態度で「お母さんはお仕事だから仕方ない」と教えることも必要だと思います。

よ~く知っておきたい看護師のお仕事

転職するまえに読む看護師バイブル

看護師の経験談